言語の違い

ボイストレーニング

こんにちは

トムです!

最近は日本に沢山の外国人の観光客がいらっしゃいますよね

列車の中で大きな声で話してて

うるさいなー

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか

実はこれ

話してる言語の違いからくるのかもしれません。

日本語は「有声音」といって

浅い呼吸「胸式呼吸」で声帯だけを震わせるだけでも声になります。

おはよー

ありがとう

などぼそぼそと言っても静かな環境であれば相手に届きます

それに比べ

英語やイタリア語は「無声音」

深い呼吸の「腹式呼吸」を使って横隔膜をつかったボリュームのある声です。

impossible(インポッシブル)

Grazie!(グラッチェ)

この言語の違いがうるさく聞こえる原因かもしれません

まさに、電車内がステージ状態ですね(笑)

それに

腹式呼吸で発した音は

聴覚に届きやすいのです

コメント

タイトルとURLをコピーしました